キッチンリフォームを行う際に注意したいポイントは

長く同じキッチンを使い続けていると、磨いても取れない汚れやカビが目立つようになりますし、設備も古くなり、手入れが大変になるので、そろそろキッチンリフォームを行い、最新式のものに変更したいと思っている方もあるでしょうね。とはいえ、新しいから使いやすいというものではないので、キッチンリフォームで失敗したくないなら、ショールームなどを訪れ、実際の商品をよく見てから決定するようにしてください。もっとも大切なポイントは、新しいキッチンが自分の体に合っているかどうかということなので、どれだけデザインがオシャレなものであったとしても、高さが合わなくて、調理しにくいと感じたら選ばないようにしたいですね。キッチンは、高さや奥行きがそれぞれ違っていますから、体型に合わせて選択しないと、無理な姿勢で毎日料理を作らなければならないので、肩や腰を痛める可能性があります。

また奥行きが深過ぎると、ものをたくさん置けるので、便利なように感じますが、水栓に手が届きにくくなったりするので、料理を作る効率が悪くなってしまいます。個人差はあるものの、身長÷2+5cmの高さが最適といわれていますし、奥行きも60~70cmが使いやすい基準なので、ショールームへ行ったら、キッチンの高さと奥行きをしっかり確認するようにしましょう。どのキッチンにするかが決まったら、いよいよ工務店にキッチンリフォームを依頼する必要がありますが、見積もりの際に金額が高すぎると感じたら、別の業者に見積もりしてもらうようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする