キッチンリフォームは主に使用する人を中心に考える

キッチンリフォームをする時には、まず、そこを主に使用する人が使いやすいことが大切です。キッチンの高さなども、その人が使いやすい高さに設定すると使い勝手がよくなります。キッチンの高さは、低すぎると腰が痛くなりますし、高すぎると手が届きにくくなるので重要なポイントとなります。現在では、さまざまな高さのキッチンが販売されています。

また、高さを変えることができる製品などもあります。色は、好みにあわせてということになります。システムキッチンだけを交換する場合には、部屋全体をイメージして選ぶとよいでしょう。壁紙なども取り替えると、汚れがなくなりすっきりとします。

ガス台の近くは、不燃性や難燃性の製品を使用するのが一般的です。タイルを使用する例もあります。現在では、さまざまなデザインのタイルがあるので、オシャレに仕上げることも可能です。キッチンリフォームをする時に、もう一つ注意をする点としては動線があります。

動線が確保されていないキッチンは、使いにくいものとなってしまいます。ガス台やシンクの位置なども確認する必要があります。キッチンリフォームを多く行っている会社などでは、このようなデザイン性や機能性を考えて、さまざまなアドバイスをしてくれます。実際の経験から、工夫するとよいことや注意する点などがよく分かっているので、使いやすいキッチンの設計をしてもらうことができます。

費用は、リフォームの内容によってさまざまとなります。事前に見積もりで確認をします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする