キッチンリフォームをするときのガスコンロの選び方

毎日のように使用するキッチンは汚れやすい場所と言えますので、現在のキッチンを使っているときに掃除を行ってもあまり汚れが落ちないと感じるときには、キッチンリフォームをすることも改善策の1つとしてあげることができます。キッチンリフォームを検討したときに最も気になる部分としては、使う回数が多いコンロと言えます。日本のキッチンで使用可能なガスの種類には、都市ガスとLPガスの2種類のものが採用されており、ガスの種類によってガスコンロを選ぶ必要があります。都市ガスはメタンが主成分で、ガスコンロを選択するときには都市ガス対応となっているものが必要になりますので、ガスグループを確認することが大切になります。

LPガスは液化石油ガスのことを意味しており、プロパンやブタンを主成分としているガスのことです。家庭用に使われているプロパンガスは全国的に同じ品質のものとなっていますので、LPガス用と表示されているガスコンロであれば使用することができます。毎日使うことになるガスコンロの選び方としては、お手入れのしやすさのことを重視するとトッププレートの種類を慎重に選ぶことが大切になります。鋼板でできているホーロートップは、硬いものでこすったときでも傷が付きにくいなどの耐久性が高い種類のものとなり、価格としても安いメリットがあります。

ガラスでコーティングされているガラスコートトップでは、光沢感と清掃しやすいメリットを持っています。ガラストップのものは見た目が綺麗で、耐久性や耐熱性に優れており、お手入れが簡単にできる種類のものとなりますが、価格としては高いものとなります。デザイン性の高いものも多く、キッチンリフォームをするときにはガスコンロの選び方が重要になると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする