多人数で使うVPSサービス

  • VPSでコミュニケーションツールを作る

    • VPSサービスはWebサイトの作成でよく利用されますが、Web以外に各種コミュニケーションツールのインストールサーバとしても利用が進んでいます。

      NAVERまとめの便利な情報を集めたサイトです。

      コミュニケーションツールでよく利用されるようになったのがSNSです。
      FacebookやTwitterなど無料で使えるサービスもありますが、オープンなシステムであることからクローズドな環境で使えるSNSが求められてきています。



      特にFacebookのような掲示板、写真投稿、ファイル共有できるシステムに注目が集まっています。

      このようなシステムは有料で提供されていましたが、オープンソース型も登場してきており、VPSサービスを使って独自のSNSを作る方が増えています。
      SNSシステムに必要なリソースはそれほど高くありません。
      そのため、VPSサービスでも最低プランでも十分使えることが多いです。


      プランの選択については同時アクセス人数とファイル容量が重要になります。


      数十人が一度に利用するようであれば最低プランでは厳しいかもしれませんが、メモリを多めにすれば対応できることが多いです。



      また、ディスク容量については特に写真や動画をアップさせるかで変わってきます。
      写真の場合もスマホで撮影される解像度が上がってきていることから数GBではすぐに足りなくなることもありますので50GB以上を選ぶ場合も多いようです。

      ただし、利用者の人数に合わせてスケールアップできるVPSサービスも多いのでまずは最低プランでスタートすることが多くおすすめとなります。

  • 関連リンク

    • VPSサービスはWebサイトの作成でよく利用されますが、Web以外に各種コミュニケーションツールのインストールサーバとしても利用が進んでいます。コミュニケーションツールでよく利用されるようになったのがSNSです。...

    • 各種Webゲームやマインクラフトのような市販ソフトのサーバを建てて、ユーザーを多数集めて遊んでいる方が増えています。このような場合、主にLinuxが使われ、自宅PCやサーバが使われていたのですが、グローバルIPアドレスを個人で取れるサービスはコストが高いこと、また、普段使えるIPアドレスは頻繁に変わってしまう、電気代などの理由からVPSサービスを利用する方が増えています。...