応急措置から始める雨漏り修理

一戸建てなどの自分が所有する住宅に住む方にとって、雨漏りをすることは建築しており年数が経過して劣化することで発生するケースが多いです。一番多いのは、風などで吹き飛ばされてきた物が当たるなどでその衝撃によって傷みが生じることがあります。特に普段は目にすることはない屋根部分で発生することが多く、例えば台風などで豪雨が降った時に天井などが染み込むケースでは雨漏り修理の必要性が生じます。雨漏りのしやすい箇所は、建物の構造によりますが、屋根の棟板金釘浮きだったり、壁のストレートのひび割れ、瓦割れやずれ、天窓付近、ベランダなどの箇所で様々とあります。

まず雨漏り修理をする前には、出来る限り原因箇所を把握して、自分で応急措置を行うことから始めると良いです。ただ自分で行う雨漏り修理の場合は注意点があり、高所での作業を必要とする場合があり、下に落下する危険性がありますので、無理して行わないというのが原則となります。雨漏り修理の応急措置には、屋根などにブルーシートによる養生を行う、排水溝や樋などの部分の清掃を行う、ひび割れ部分や穴が空いた部分に防水テープ・シリコン補修を行うといった方法が存在します。なおおくまでも応急措置は根本的な解決になっていないため、将来的にはまた雨漏りが発生する可能性があります。

そのため専門の建物修理のプロに診断してもらい、早めに雨漏り修理を行って貰うことがポイントとなります。特に高所での作業を行う場合は安全を確保しながら行う必要があり、足場を組んで行うことがポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする