応急処置の雨漏り修理

様々な建物が世の中にはありますが、一生ノーメンテナンスで過ごせる物は存在しません。年月が経てば色々な部分に不具合が生じ何らかの対策をする必要が出て来ます。住宅でもマンションやその他用途の建物であっても、一番多いトラブルは雨漏りです。予期せぬタイミングで発生して、気がついた時には構造にも影響を及ぼしている事もあります。

一言で雨漏りと言っても、どの様な部分にでも起こり適切な対処を必要とします。屋根・壁・ベランダが一番多く床面に現れる場合もあります。何処で起きたにしても水の侵入経路を特定する事が先決です。しかし、水はどうな隙間からでも入り込み確実に断定できない場合もあります。

屋根からの雨漏りは、瓦屋根であれば地震や年月の経過により瓦のズレが原因となる事が多いです。鋼板屋根であれば、経年劣化で錆て穴や隙間が空き雨水の侵入があります。雨漏り修理としては、防水シーリング材を充填して一時的に止める事が可能です。ただし、高所の部分は無理をしないで業者に依頼する事が大切です。

外壁の雨漏り修理にも、屋根と同様に防水シーリング材の使用で対処できます。窓周りと外壁の取り合いは、殆どの場合シーリング材の充填で防水されています。経年劣化で硬化しひび割れを起こし、機能を果たせなくなると水の侵入経路となります。劣化したものは取り除き、再充填する事になりますが応急処置であれば既存の上から無理つける形で対処できます。

応急処置を自分で行える場合は、速やかに行い雨漏り修理は必ずプロに任せる事が大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする