雨漏りは直ぐに確認して貰う事が大切です

新築の住宅を購入しても雨漏りが発生することがあります。実際自分が購入したハウスメーカーの住宅では2階の屋根から洋室へと入居してから一か月で発生しました。この件は直ぐにハウスメーカー担当者へ連絡し状況を確認して貰い、その日の夕方に現場担当者と施工業者が2階の屋根に上り見たところ、屋根材には問題は無く綺麗にしていると報告がありました。しかし、納得がいかないので漏れてきている洋室の天井を剥がしてでも探すようにと激しく言ったところ、しかたない様な態度で天井を一部開口して確認したところ、本来は屋根を支えている木材に太陽光のパネルを支えるボルトが合板の真ん中で止めてあり、そこから雨漏りがしている事が判明しました。

担当者や業者も申し訳なさそうに誤りを認めていましたが、こちらは納得がいかないので早急に手直しと損害について営業担当者へ話を行い、他にも以前から手直しを依頼していたフローリングの一部張替についても行なわれていなかったので、2階全面の張替を要望したところ、施工業者の方が全面的に施工不良を認めて手直しを実施して貰いました。工事期間中は2階を使用出来ない状態だったので、照明のランクアップやエアコンを設置していない部屋への設置を行ってくれました。この様な時に現金等を渡す様な事はせずに設備を良い物にする方が業者も良いとの事で、その様にして貰うことで自分達も納得し手直し以後は全く雨漏りもなくなり快適に生活をしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする