入居していた借家の雨漏りで困った体験について

私が子供の頃に住んでいた借家は二階部分に雨漏りが生じていたため、使うことが出来ない状態でした。雨が降ると室内に水たまりが出来るため常に湿気が籠ってしまう他、床に生じたシミが腐食して床材が傷んでしまう問題もありました。両親は家主に修繕をお願いしていましたが、二階部分を使っていないことを理由に拒否されていました。当初は雨漏りもわずかだったので一階部分には影響が無く快適に暮らしていましたが、次第に床の傷みが拡がったことにより一階にも湿気が籠るようになりました。

壁紙がふやける程の酷い湿気が生じるようになってからようやく家主も住宅の修繕を決め、専門業者に建材の交換を依頼しました。修繕作業は数日で済みましたが、室内に籠った湿気を完全に取り除くためには長い日数が必要でした。日中は常に窓を開放する他、市販の除湿剤を使いましたが家具や壁紙の傷みが生じてしまいました。除湿剤の購入費や傷んだ家具の補償などは家主から支払われましたが、母親が妊娠したのを機に別の住居へ引っ越すことになりました。

転居先の住宅は築年数が短く、建材の傷みも無かったので雨が降っても雨漏りの心配が無かったのが大きな利点でした。妊娠で神経質になっていた母も室内が雨水で濡れることが無い暮らしに満足していましたが、その一方で年月の経過による建材の劣化を危惧していました。そのため、私が成人した現在では雨水の浸食が生じにくい鉄筋造りの集合住宅で暮らしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする