大雨の日に発覚した雨漏り

結婚して25年、一度もリフォームすることなく暮らしてきました。けれども最近気になることがあり、その不安が次第に大きくなっていくことを感じていました。それは天井付近に発生した雨漏りの跡です。大きなシミになっているため、見上げると目立つので気になっていました。

そんなある日、その不安が現実となる日が来ました。それは天井からつたわる大量の雨水であり、室内が水浸しになるほどでした。このままではいけないと思い、早速外構工事の専門家に連絡しました。電話するとすぐに駆け付けてくれて、現状の確認と必要な工事の説明を受けました。

そして早急の対応が必要と判断されたため、家族と相談した結果、工事してもらうことになりました。まず見積もりを出し、工事内容と日程を聞き取りました。見積書の明細は分かりやすく書かれていたため、内訳も確認しやすかったです。来客の予定もあったため予定を告げると、都合の良い日に組んでくれたので融通の利く業者だと思いました。

また自宅に居ながら工事を行ったため、施工中は大きな音が響いていましたが、滞りなく進み、一日で補強が完了しました。工事は雨漏りした箇所を突き止めて、補修のためパテを埋め込み、上から下地処理を行いました。亀裂の補修と予防を兼ねた工事だったので、家が抱えている問題を一気に解決できて良かったです。またシミが付いてしまった天井の壁紙はすべて張り替えました。

すると室内が明るくなり、清潔感のある空間になったため、気分も一新できました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする