家の雨漏り対策をする

家の雨漏り対策はしっかりと行っているでしょうか。台風や大雨などで、屋根の瓦やスレートなどのずれや割れ、ヒビ割れなどがあると雨漏りの原因になります。また、棟板金などが浮いているなどでも、その隙間から雨水が浸入することになる場合もあります。そのほかにもコーキングなどがはがれてしまうことや屋根自体の劣化などによるものなどさまざまな原因で雨漏りの原因になることがあります。

そのため、自分である程度屋根の状態などもチェックして、スレートの亀裂、ヒビ割れなどは、自分でコーキング剤などを使い補修するのも、予防策になります。瓦などが割れている場合には、瓦を交換しましょう。このようにちょっとした修繕は自分でできる場合もありますが、ある程度の屋根のダメージ、また、経年劣化などにより、屋根全体などがダメージを受けている場合には、業者に修繕や交換を依頼することも大切です。また、自分で修繕をする場合には、足場などが不安定になるあめ、かなり慎重に作業することも必要です。

家の雨漏りを防ぐことも重要ですが、自分がケガをするような事態は避けなければなりません。また、一階部分の屋根などはいいですが、家の形状によっては二階や三階などかなり高い部分の屋根がある造りの家もあります。そのような場合には、無理をせずに、業者に屋根の状態をチェックしてもらうほうが安全です。定期的に屋根のチェック、修繕をしておくことで、雨漏りを未然に防ぐように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする