雨漏りの放置は家の寿命を縮める要因

マイホームとして一戸建ての住宅を所有している人は、財産としても身近な家族との団欒の場としても、貴重な家を長持ちさせたいという共通の願いを持っています。そのためには日頃の手入れはもちろん、頃合いを見計らってメンテナンスを行うなどの維持管理が大切です。もうひとつ忘れてはいけないのが、不具合が生じた時に修理をすぐに行うことです。住宅は人が住んでいた方が長持ちすると言われていますが、毎日使用することや気象条件などによる経年劣化は避けられないものです。

もし不具合が見つかってもすぐに対処するなら、被害を最小限にとどめて快適に住み続けることが可能です。そのような不具合の中でも、雨漏りは住宅にとってかなりダメージの大きいトラブルです。雨漏りの初期の段階では室内に雨水が垂れることはあまりありませんが、天井や内壁の上方に水のシミが現れることがあります。また天井裏で水滴の垂れるような音が聞こえる場合もあります。

当然ですが雨が止むとこのような現象は無くなるので、対応がつい先延ばしになってしまいがちです。雨漏りの怖いところは、家の見えないところで影響がじわじわ広がってしまうことです。特に木造建築の場合、高温多湿の時期などは雨水を含んだ柱や土台は腐食しやすくなります。腐食した木材はシロアリの餌になるため、シロアリ発生の被害につながる恐れもあります。

そうなると家の強度が落ち、住宅として機能を果たさなくなってしまいます。ですから雨漏りを発見したら、早急に専門家に調査と修理を依頼することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする