雨漏りから家を守ろう

雨の日に天井からポタポタと滴りおちる水滴を急いでバケツで受け止め、雨漏りをしていることが発覚することがあります。雨漏りを疑う状況としては、天井や壁にしみがあったり、雨の日にポタポタと天井に雨が滴り落ちる音が聞こえることがあります。そんな時は注意しましょう。雨漏りをほっておくと、家を壊してしまう恐れもあるものなので見つけたらすぐに対策をとる必要があります。

雨漏りにより、天井裏に湿気がたまりカビなどの発生原因になります。いつも生活する天井で起こっていることなので、ハウスダストの原因にもなり衛生的にも良くありません。また、天井の木が腐ってきて、家の柱を壊してしまうこともあります。白アリなどが住みつくこともあるので注意が必要です。

そこで応急処置としては屋根全体にビニールシートを覆いかぶせることですが、あくまでも臨時的な対策でしかありません。まず大事なことは、どこから雨漏りをしているかの特定をしなければいけません。素人ではなかなか発見することも難しく、的確に対処をしなければいけません。大事な家を守るためにも業者に頼むようにしましょう。

業者に頼む場合もいくつかの業者に見積もりをとり、納得して業者を選ぶ必要があります。どこが原因かさえわかれば、だいたいどれくらいの修理費用がかかるかもわかってくるので相場を知っておくことも大事です。業者のいいなりになるのではなく、多少知識をもっておき、きちんと説明し施工してくれる業者を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする