住宅の雨漏りと家の火災保険について

住宅は築年数が15年も経過すると少しずつ劣化して来るようになります。劣化を防ぐ方法は丁寧なメンテナンスをする師かありません。家が劣化して困るのは雨漏りが発生した場合です。雨漏りは、屋根瓦がずれていたり、スレートがずれていたりするだけではすぐに雨漏りにはなりませんが、家の防水性が劣化していれば雨漏りにつながってしまいます。

修理代についてはどれくらいかかるかはその劣化状況によって異なりますが、安いときで3万円から5万円、高い時は屋根を丸ごと交換するため200万円ぐらいはかかることがあります。ただ、築15年から20年程度の住宅の屋根を全交換するとすれば、建築会社に問題があります。あるいはその屋根業者がふっかけている可能性があるのです。普通は30年から40年ぐらいしないと屋根全体を交換するほど劣化しません。

できるだけお金をかけないで修理をする方法の一つに火災保険があります。普通、どの家でも大抵は火災保険に加入しているはずです。火災保険に加入をしている場合は、火災の時や台風の場合、雹場降った場合、落雷の場合に適用されるのですが、雨漏りの原因が台風などによる場合であれば、適用されます。ただし、その因果関係をどのように証明するかは少しやっかいなところでもあります。

素人が保険会社に説明をしても保険会社は納得してくれない可能性があります。そこで、保険に強い業者を選ぶ事が必要になります。これにより、全額補償される可能性があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする