家の雨漏りは意外な場所からのものが多いのです

家の雨漏りと言うと、屋根裏から入る雨水が原因と言ったイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。例えば、屋根に隙間が開いている、雨量が多い時に隙間から雨水が入りこんで、建物内部を伝わり天井からポタポタと落ちて来ると言ったイメージが強いのですが、家の雨漏りは屋根からだけではなく、外壁から入る雨水が原因と言うケースが多いと言われています。一戸建て住宅のリフォームの中でも屋根塗装と外壁塗装は劣化している屋根材や外壁材を補強する、新築の時と同じ耐久性に戻してあげると言う大切なリフォームです。自然の猛威を受ける場所であるため、早めに屋根塗装や外壁塗装を行っておかないと、家の雨漏りが生じる事になるのです。

特に、外壁が劣化すると雨を弾く能力が低下しているので、雨が浸み込み易くなります。浸み込んだ雨の量にもよりますが、建物内部に入る可能性もありますし、ひび割れている部分があると、そこから内部に雨が入りこんで、天井からポタポタと落ちるようになります。因みに、冬場は部屋の中で暖房を使うため、窓ガラスのサッシ部分に結露で生じた水が溜まるケースがありますが、結露が生じていないのにも関わらず、サッシ部分に水が溜まるケースがあります。これは外壁から入りこんだ雨が、建物内部を伝わり、サッシの下部分に雨水が溜まると言う雨漏りでもあり、こうした症状が起きている時には外壁のひび割れや耐久性が低下しているサインでもあるのです。

詰まりと漏れのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする