マイホームブーム期の注文住宅で増えるトイレ交換

注文住宅を建てる上では家全体のレイアウトを考えて、限られた土地面積の上にできるだけ快適な仕様の家を建てるために苦悩します。そういった際に視点として持ってしまいがちなのが多くの時間を費やすリビングや個人の部屋を十分に広くとり、お風呂やトイレといった一時的にしか利用しない場所を狭くしてしまうことです。また、注文住宅を建てる際には巨額の出費が必要になることから、設備を考え始めた際に費用削減が必要になってしまうことが多く、そういった際にもリビングやキッチンよりはむしろトイレのように我慢ができそうな場所の設備を安価なものにすることで対応しようと考えてしまう傾向があります。そういった影響もあって、注文住宅をリフォームするという際によく焦点が置かれるのがお風呂とトイレであり、特にトイレ交換によってより便利にしようとする動きは多々見られます。

特にマイホームブームで建てられた注文住宅では、その持ち主に経済的余裕が生まれる時期にさしかかっていることから積極的なトイレ交換が行われる時代となっています。ウォッシュレットなどの快適に使えるトイレが増えてきていることに加えて、時期的にも家屋の劣化が進み始める頃であり、そのリフォームのついでにトイレ交換を行ってより快適なマイホームにするという動きがあるのです。同様の動きがお風呂や浴室そのものにもあり、浴室乾燥機の導入等のより快適な設備投資を行って、初期に投資をしなかった部分を快適にするようになってきています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする