水漏れなどのトラブルの元、古いトイレ交換のお薦め

毎日使っているトイレは、私達の生活に無くてはならない大切なものです。故障して使えなくなったりしたら大変困ります。特に家にトイレが一つしかないマンションなどではトイレが使用出来ない事態発生は深刻です。この様なことにならない様に、15年以上使用した古いトイレで度々故障して修理する様になったら早目のトイレ交換をお薦めします。

最近のトイレは、温水シャワーや節水機能に電子機器を使った物も多くなり、これら機器の経年劣化などで故障が発生したりすると修理代もバカになりません。特に老朽化が進むとトイレとつながっている給水管や排水管の接続部が経年劣化で水漏れを起こす可能性が高まりますので、旧いトイレはこうしたトラブルの元になります。マンション等ではトイレの水漏れが下の階へトイレの汚水が水漏れし被害を与える等の事故が発生する事になります。こうした経年劣化による水廻りの事故は注意が必要ですが、トイレの排水管からの汚水の水漏れは特に気を遣う事になるでしょう。

こうした事態になる前に古くなって故障したトイレは、修理に来た業者にトイレユニットそのものの点検のついでに給水管や排水管まわりもよく見てもらう事をお薦めします。そして、業者が全く問題ないと太鼓判を押してくれれば問題ありませんが、もし経年劣化が疑われる様であればトイレ交換をお薦めします。そのままにしておけば、いずれまた突然故障して使用出来なり不便な思いをしたり、何よりも重大な水漏れ事故発生も懸念されます。この様な時は、水漏れなどのトラブルの元になる故障した古いトイレは、トイレ交換をお薦めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする