トイレの水漏れで修理を希望するなら

普段からトイレでの水トラブルが気になっている方もいることでしょう。いつもタンクの中からわずかに水滴の音がする、レバーを止めても便器にチョロチョロと水が流れ続ける、便器と床の隙間から水がにじみ出る等、様々な症状が報告されています。このような症状に直面したら、できるだけ速やかに対応することが肝心。トイレが使用できなくなると、日常生活にも支障をきたすおそれがあります。

まず水漏れ関係のトラブルの原因で目立つのが、タンク内にあるパーツの以上。狭いタンク内には複数の部品が格納されており、それが経年劣化や故障して、水漏れを招くことがあります。特にタンク内の以上は見逃しやすいため、気づいた時には深刻な症状になっていることも、決して珍しくありません。例えばフロートバルブが故障すると、排水のコントロールがうまくできなくなり、いつまでも便器へ水が流れ続けます。

また給水調整に必要なボールタップに異常が生じた場合も、給水管からタンク内への給水がコントロール不能になるため、いつも内部から水滴のような音が聞こえ続けることになります。さらに便器と床の間から水が漏れている場合は、便器のズレやヒビあるいは床下の排水管が原因ということもあり得ます。消耗品であるパーツが故障すると、修理では丸ごと交換するのが通常。ただし部品によっては取り寄せが困難なものや、交換部位で専門的な知識や技術が求められるケースもあります。

無難に修理を進めるなら、トイレ修理で実績が豊富な水道設備会社へ、水漏れ工事の依頼をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする