トイレの水漏れを修理するまえの下準備

トイレの水漏れは場合によって自分で修理することも可能です。ただ、直すためには下準備を行っておく必要があります。水が漏れ続けているのにも関わらず、水を止めずに直すということはできません。また、どんどん水があふれてきて床が水浸しになってしまう危険性もあります。

ですので、トイレの水漏れを修理する際は、まずは何よりも水を止めることが必要です。水は止水栓を閉めると止まります。止水栓は壁や由香に取り付けられているケースが多いようです。給水管と繋がっており、そこから水がタンク内に流れ込みます。

止水栓はマイナスドライバーがあれば、簡単に締めることが可能です。またマイナスドライバーなどの道具が必要なく、ハンドル式で手で締めることができるタイプもあります。ただ、近年人気のタンクレスタイプの場合は便器内部に隠す形で、止水栓が隠れているケースもあるようです。もし壁や床部分に止水栓が見当たらないという場合は、説明書をチェックしてみると良いでしょう。

水の流れを止めることができたら、どこから水が漏れてしまっているのかをチェックします。パッと見てどこから漏れているのか分からないという場合は、タオルやビニールなどを床に敷き詰める方法がおすすめです。こうすることで水がタオルやビニールにつき、どこから漏れているのかより分かりやすくなります。もし、どこから水が漏れているのか分からないという場合は、トイレの水漏れ修理を行っている業者に相談すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする