トイレの水漏れしてる…?自分でまずできる修理方法

突如現れるトイレの水漏れはタンクの中や便器に水が少しずつ漏れているものもあれば、便器と床の隙間から大量の水が溢れてきたり、流した水が止まらなくなったりと本当に深刻な問題です。業者を呼んで高い修理代を払わなければと思っている方も多いと思いますが、自分で修理ができてしまう場合もあるので、今回は自分で行う修理方法をご紹介します。まず、トイレの水漏れを確認した時、一番最初にすべきことは止水栓を止めることです。止水栓をご存知でしょうか。

その器具の水の流れを止める役目を持っていて、水回りの器具には大体ついていることが多く、トイレの止水栓は多くの場合、壁や床に設置されていることがほとんどです。水漏れがあった場合の時のため、しっかり場所を確認しておくと良いでしょう。水漏れをしてしまっている際はその止水栓を真っ先に閉めてください。止水栓にはドライバー式、内ネジ式、ハンドル式のものなど、トイレによって形が違い、ハンドル式の場合は時計回りに回すと止水栓が閉まります。

それ以外の止水栓はマイナスドライバーなどを使って同様に時計回りに回しましょう。逆に、修理が終了して水を流したい時は、反時計周りに回します。水が止まっても安心してはいけません。気をつけるべきことは、修理が終わったら必ず最適な開き具合にすることです。

開きが足りないと、タンク内の給水に時間がかかって、最適な水の量が流れない場合があります。閉める際にしっかり、どのくらい回したかを覚えておくことが大事です。このように、水漏れしても慌てず、落ち着いて対処をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする