Wifiの設置で知っておきたいこと

自宅でWifiを設置するためには、インターネット回線とWifiルーターが必要です。

インターネット回線を自宅に引っ張ることで、ルーターで電波を飛ばせるようになるのです。そこからパソコンに接続したり、スマートフォンやタブレット、テレビなどに繋げます。自宅が一戸建ての場合は、光回線などを繋げる設置工事を行います。インターネット回線はモデムという機器に繋いで、それをLANケーブルに接続するというやり方です。モデムはインターネット会社な用意してくれるので、自分で準備する必要はありません。

インターネット回線のサービスを提供している会社に申し込みをして、Wifiルーターを購入、工事をして開通する流れです。マンションやアパートの場合は既に開通工事が完了しているケースもあり、Wifiルーターを用意すればすぐに設置することも可能です。どのようなインターネット回線を利用することが出来るのかは、管理人などの関係者に問い合わせれば分かります。

自宅でWifiを設置するときには電波の影響を受けやすいので、家電製品から離した場所を選びます。近くで使っていると繋がりにくくなることもあるので、注意が必要です。ルーターは床から1メートルか、2メートルの位置にして、なるべく家の中心部分に置くようにしましょう。電波は360度球状に飛んでいるので、高い位置である2階に設置すれば、家の中まんべんなく電波が飛ばせるのでおすすめです、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *