Wifi回線が不安定になったら設置場所などを再確認

Wifi回線がいまいち安定しないと、感じたらルーターの設置場所を移すのがオススメです。

対応機器とワイヤレスルーターの距離がとても離れていると、回線の状態が不安定になります。部屋数が多いタワーマンションや敷地面積が広い一戸建て住宅だと、ワイヤレスルーターの電波が遠く離れた部屋まで届かない可能性があります。家族みんなが常日頃からネットサーフィンやオンラインゲームを行う、リビングに再設置すれば、電波状況が改善する可能性大です。ルーター本体の様子を今一度チェックし、電波の拡散を妨害する障害物がないか点検したいところです。

四方八方を障害物に囲まれていると、高性能なルーターでも感度やスピードが落ちます。また強力な電波を放つ、別の電子機器が近くにあると、その影響を受けやすいので要注意です。電波を扱う電子機器はあまり隣接させず、適度に距離を保って置くのが大事です。住宅の間取りや設備の関係で、ルーターの設置場所を移すのが困難、という場合は中継器を導入する手段があります。

テレビやパソコン、ゲーム機が置かれた部屋とルーターの設置場所の丁度中間地点に、中継器を設置すれば通信の安定性が改善しやすいです。Wifiの中継器は専門性が高い周辺機器ですが、一般的な家電量販店やネット通販サイトで市販されています。入手は簡単であり、ルーター本体よりも安価な値段で市販されているので、近頃Wifiの速度や安定性に不満を感じている方々は購入を検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *