Wifiルーターの最適な設置場所とは?

Wifiの電波は壁や家具などの障害物の影響を受けやすく、ルーターの設置場所によっては電波があまり遠くまで届かない場合があります。

ネットの接続が不安定だったり、速度が遅かったりする場合、ルーターの位置に問題があるのかも知れません。そこでWifiルーターの最適な設置場所ですが、まずは近くに電波を阻害するものができるだけ少ない場所に置くのが第一条件です。具体的に言うと、家電製品(特に電子レンジなど)や金属製品、鏡などですが、水も電波が通り抜けにくい性質があるので、水槽や台所、風呂場などの近くも避けます。

また、壁際や、本棚や情報分電盤などの中、そして床への直置きも電波が阻害されやすいので良くありません。電波はルーターから球状に広がるので、家の中心かよく使う部屋の真ん中の、床から1~2メートル程度の高さに置くのが理想です。部屋の真ん中が難しい場合でもせめて部屋の四隅は避けましょう。ちなみに、ルーターにカバーをかけて使うのは、カバーの材質によっては電波が通りにくく、また熱がこもって熱暴走を起こす恐れもあるので避けましょう。

なお、窓際にWifiルーターを設置するのは、部屋の隅であるという事と、直射日光で熱暴走が起こりやすいという事であまりおすすめはできません。ただし、モバイルルーターなど基地局を介してネットに繋ぐタイプのルーターの場合は、基地局からの電波が届きやすい窓際付近が最適の置き場所になります。直射日光を避けたい場合や窓際にスペースがない場合は、なるべく外から良く見える場所に置きましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *