Wifi回線を正しく使うために設置場所を見直す

Wifiルーターを新しく自宅に設置する場合、気を付けたいのが本体の置き場所です。

設置場所を適切に選ばなければ、せっかくのWifi回線のスピードや感度が十分に発揮されません。Wifiルーターの電波は、障害物に弱い特性を持っています。周辺に電波の拡散を妨げる物がなければ、一般的な製品でも数十mから100近くが電波の圏内となります。扉や家具や襖、住居の壁などが間に入ると、ルーターの感度とスピードは少なからず減退するので要注意です。設置場所と機器の利用場所を直線状でむすぶように、置くのが最適です。

熱帯魚などを飼育する水槽の周辺に、ルーター本体を設置するのは避けましょう。大量の水が本体周辺にあると、ワイヤレスルーターの電波が影響を受ける恐れがあるためです。他にも金属製の板やメタルラックなども、感度や速度を減退させる要因になり得ます。Bluetooth機器の周辺に設置するのも出来れば、避けたいところです。

Bluetoothを活用したスピーカーやヘッドホン、マウスやキーボードの周辺に置くと互いの電波が干渉し、安定性が落ちる可能性があります。またIHクッキングヒーターや電子レンジの近くにルーターを置くのも非推奨です。調理時に強力な電波を放つ、それらの機器周辺に置くと、一時的にWifi回線が使えなくなるためです。もし自宅のWifi回線が妙に不安定、もしくは低速だと感じたら今一度置き場所を確認し、適切な場所に移動させましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *