自宅に無線LANを導入するには

自宅に光回線を導入しているのであれば、LAN環境を構築しておく事で、自宅にあるあらゆる端末をネットワーク経由でネットに接続する事が出来ます。

LANは有線と無線がありますが、有線ネットワークはLANケーブルを端末やルーター、各種ネットワーク機器に接続してネットワークを構築するものです。ノイズを拾いにくく、機器本来の通信速度でデータの送受信が出来ますので、光回線の能力を最大限に発揮させられます。無線ネットワークは、Wi-Fi機器同士を接続する方法であり、無線LANルーターを中心に、Wi-Fiに対応している機器を無線で接続します。

有線ネットワークと比べてノイズを拾い易いですが、自宅の中の様々な場所でネットを使える環境を作る事が出来る点で利便性を高める事が出来ます。無線LANの通信速度を高めるには、Wi-Fiの規格が新しいものに対応している事が大切です。規格が新しいバージョンであるほど、高速なデータ通信が出来るようにネットワーク機器が設計されています。

自宅に無線LAN環境を構築しておけば、ネットワークに接続する際に端末に搭載されているツールから接続すれば、簡単に自宅の光回線を使ったネット利用が行えます。無線LANを導入するには、無線LANルーターとWi-Fi対応の機器を用意し、それぞれの設定を行うだけです。有線LANと比べて、ケーブルが煩雑になる事がありませんので、取り扱いが楽になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *