無線LANを自宅で使用する際に必要なもの

無線LANを自宅で利用する場合には、固定回線の契約や光回線の引き込み工事などが必要になり、その他にもモデムや無線LANルーターなどが必要になります。

基本的には固定回線の契約とルーターの設置があれば、すぐにWi-Fiを利用してインターネットに接続することが可能です。しかしこれらのもの以外にも、電波の届く範囲を広げたい場合には、中継器が必要になったり、パソコンなどがWi-Fiに対応していない場合には、無線LANの子機が必要になる場合もあります。

無線LANはWi-Fiによるインターネット接続のことで、インターネットに接続するために固定回線の契約が必要です。すでに契約や回線の引き込み工事が完了している場合には、新たな契約や工事などは必要ありませんが、まだ契約が済んでいない場合には固定回線を契約する必要があります。また無線で接続する場合には無線LANルーターを自宅に設置する必要があります。ルーターは家電量販店などで購入することが可能で、種類や対応している規格や価格帯なども様々です。

基本的にはルーターを自宅に設置したうえで設定を行えば、SSIDと接続用のパスワードを入力するだけで、すぐに無線でインターネットに接続することが可能です。しかしルーターから遠く離れた場所で利用する場合には、電波を延長する中継器を中継地点に設置して、専用の設定を行ったり、パソコン側がWi-Fiに対応していない場合には、子機の接続が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *